SEOサミット

第1回勉強会のテーマ「SEOって何でしょうか?」

SEOって何でしょうか?
それは、「検索エンジン最適化」のことです。
「最適化」ですから、一義的には「順位を上げる」ことではないです。
ここが実は、大きなポイントではないかと思います。
専門家の方々に言わせると、「検索エンジンが、適格にサイトを見て、評価してくれるように、適切は対策をほどこす」ことです。
ということは、無理やりリンクを増やして、リンクを増やそうとする行為などは、本来のSEOではない、ということになります。

どうやってやるの?

SEOのやり方は、一言でいえば、文章を書くことだと思います。
とはいっても、ひたすら作文することじゃないでしょう。
一番の原則は、「見出し」と「文章(Pタグ)」を作ることだと考えます。
さらに、ページタイトルやメタディスクリプションを考えます。
文章の内容の分かりやすく伝えるため、必要に応じて「表(テーブル)」を作ります。
画像も用意します。
動画を用意したり、あるいは、動画へのリンクを貼ります。
文章ができたら、ページごとのリンクを貼ります。
これらの一連の行為は、サイトの「コンテンツ作成」の作業です。
つまり、コンテンツ作りがSEOだということです。

文章が長ければいいという誤解

コンテンツが大事だというと「じゃあ文章をたんさん書けばいいんだね」という話になりがちです。
そして、ライターを探して、安い料金でたくさんの記事を書かせようとします。
私たちの経験では、これは大きな間違いです。
文章は、短いほうが良いに決まっています。言いたいことが、コンパクトにまとまっていたほうが、読者にとっては便利です。
だらだらと長い文章は迷惑なだけです。
これは人間にとってはそうですが、実は、検索エンジンも同じ判断をしているのではないでしょうか。
実際のところ、意味のない長文で構成されたブログは、検索順位が良くありません。
コンパクトな文章が、スッキリと配置された文章づくに励みたいです。

小見出しと文章(pタグ)のバランス

とくに大事なのは、小見出しと文章(pタグ)のバランスだと思います。 見出しと文章が交互にある。 しかも、見出しが「h5」あたりにに至るまで、しっかり整理されているのが大事だと考えます。

コピペは問題外

他人の文章をコピペして使用するのは、問題外です。
SEO対策としても、コピペ文章は良い結果をもたらさないと考えます。
コピペの問題点についいては、多くのサイトで指摘されているので、ここでは割愛させていただきます。

テーブルの魔術師

テーブルの魔術師テーブル(table)というhtmlタグは、とてもいいです。
テーブルで表をつくって、内容をまとめると、言いたいことが読者に伝わりやすくなります。
情報が整理されて、スッキリします。
昔みたいにレイアウトとしてtableを使うのではありません。
あくまでも、「表」というコンテンツのために、tableを使用するのです。
ネット上に情報が氾濫すればするほど、「要するに何なのか!」というポイントを整理したテーブルは貴重になります。
世の中には、Naver(ネイバー)に代表される「まとめサイト」が氾濫しています。
これは「まとめ」と称して、とにかく縦長に情報を追加していくスタイルが多いです。
しかし、縦長に情報を追加していくだけでは、まとめたことになりません。
コンパクトな表にしたほうが、まとめられた情報となり、価値が高くなります。

結論

ということで、第1回目の勉強会の結論は以下の通りです。
私たちは、明日から「テーブルの魔術師」になります!